読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オロドウ日記

ゲーム、ゲームビジネス、ガジェット中心のブログ

AI・機械は敵か味方か

仕事 テクノロジー

前回の機械が仕事を奪うことについての続きです。

blog.cakaricho.com

 機械は人間を超えるのか?

結構前から議論されていたことですが、機械が本当に人間を超えるのか?という議論がありました。随分前にチェスの世界チャンピオンにAIが勝った事例がありました。ニコニコ動画では将棋電脳戦でプロ棋士とコンピュータ将棋ソフトウェアで対戦するのがあります。以前はチェスに比べて将棋の方が難しく、コンピューターでは勝てないとされていたが、結果は勝ち越しております。一部の分野では人間が機械に勝てる状況となりました。2045年には汎用人工知能が出現して、人間の脳の限界点を超えて技術的特異点(シンギュラリティ)になるのではという話しも出ております。

 ホテルのコンシェルジュなどの万能性を求められるものは機械が最も苦手なものであり機械に取って代わることは難しいとしているが、コンシェルジュの動きをディープラーニングで学び取り、数十台のコンシェルジュの機械が学習を繰り返してビッグデータとして蓄積して分散処理すれば人間を超えるコンシェルジュが生まれる可能性もあります。

機械にも限界が近づいてる?

果たして本当になるのかという疑問はある。ハードの制約が発生するのではと思う。ムーアの法則という2年毎に2倍の性能になるという法則がありますが、これが2021年には崩壊するという予測がされていて、既存の法則通りでは演算能力がこれまでの成長が見込めなくなり機械の成長も止まる可能性があります。

機械ができることには限りがあるのか?

ヤフーのCSOの安宅氏はAIに対して日本人は過剰被害妄想だとおっしゃっております。

www.businessinsider.jp

日本人はAIをドラえもんのような人間のようなものをイメージしすぎていると語っている。確かにその通りです。AIは人間のように五感を働かせて行動はできずあくまで情報の整理だと記事で書かれております。これは機械を含めても同じことがいえると思います。人間に出来ないことが機械ではできるようなこともあり新しい価値を生み出せます。また逆もあり人間にしか出来ないことも多くあります。

利用するか敵対するか

以前人間の仕事を機械が奪うということを書きましたが、奪われれば新しいことをやればいいのです。むしろその機械を利用して新しいことにチャレンジすることができます。大半の仕事は完全に機械だけで行うことが難しいのでその機械を利用して今までの何十倍の生産性を向上させて自分の価値を高めることも可能です。IT革命の際に事務員がいらなくなるという危惧がありましたが、実際は減りはしましたが今なお多くの事務員は存在します。それ以上に新しい産業が多く増え、人々の生産性は格段に上がっております。AI・機械に対抗するのではなく、AI・機械とどう付き合っていくか、どう利用していくかが重要だと思います。

機械に仕事が奪われた?!

仕事 テクノロジー

前回AIを使った会計システムが熟練の経理を必要としないシステムだったと紹介しました。じゃあ今後経理の仕事はなくなるのか?

blog.cakaricho.com

47%の仕事が機械に奪われる

2013年にオックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授が今後10年~20年で47%の仕事が機械に変わると発表しました。さらに機会が奪う職業ランキングも丁寧に付記されてました。

  1. 小売店販売員
  2. 会計士
  3. 一番事務員
  4. セールスマン
  5. 一般秘書
  6. 飲食カウンター接客係
  7. 商店レジ打ち係や切符販売員
  8. 箱詰め積み降ろしなどの作業員
  9. 帳簿係などの金融取引記録保全員
  10. 大型トラック・ローリー車の運転手
  11. コールセンター案内係
  12. 乗用車・タクシー・バンの運転手
  13. 中央官庁職員など上級公務員
  14. 調理人(料理人の下で働く人)
  15. ビル管理人

 引用:ダイヤモンドオンライン

50位まで見ましたが、私の職業も入ってました(笑)。労働力が足りなくなっている昨今この話題は救世主と国内では見られており、IT革命を超える産業革命に相当するとも言われております。実際にペッパーなどのディープラーニングを行うAIが注目され、ハウステンボスのホテルで実際にロボットホテルというものも存在しております。現在では珍しく話題性もあり広がりつつあります。さらには2045年あたりには日本だけでも121兆円規模の市場規模が期待されております。

これからの若者はピンチ?

40代~50代には将来楽できるという期待が高まりつつありますが、20代~30代にとっては死活問題となります。働く先がなくなるからです。簡単な仕事はもちろんかなり少なくなることが見込まれております。世界最大EMSの台湾フォックスコン(鴻海科技集団)はiPhone・iPadの製造をロボット化して11万人5万人にすることができ、6万人もの人員を削減できたとの報道がある。AmazonもAmazon Goという最初はポケモンGoのパチもんかと思わせるような名前の無人コンビニを開発して話題を呼んでいる。この無人コンビニが一般化すれば店員の需要はかなり少なくなる。自動運転技術も進歩が進んでおり近年には完全自動運転が実現するのではという話しもあります。(ちょっと難航気味ですが)

クリエイティブな仕事も危ない?

ディープラーニングの技術が進み人工知能は想像以上に進歩しています。クリエイティブな仕事の分野にも出てきた。AIが作曲したり、AIが映画を作ったり、ポエムを書いたりという実験もされたようです。失敗したケースも多いようですが。しかしながらクリエイティブな仕事もできることが証明されました。つまり人間には何の仕事も残ってないのでしょうか?

次回に続きます。

経理がいらない会計システム?

仕事 テクノロジー

人工知能(AI)が人の仕事を奪うという事をここ数年よく聞くようになってきて、それが現実になりえそうと感じたことがあったので書きます。

衝撃を受けた会計システム

あるERPパッケージの会計システムのデモを見る機会がありました。人工知能で処理をアシストしてくれるというものでした。デモなので実際の処理がどのようになるかは不明ですが、今までの会計システムとは異なるものでした。

伝票の入力の処理はサジェストの連発でほとんど入力の必要なし。最初だけ入力をしていけばどんどんこのサジェストは増えるという。エクセルでの入力もインポート作業ではなく、エクセル上でコピーしたものをそのまま貼れる。費用を異なる部門へ配布するときは簡単に配賦してくれて、細かい計算もアシスト、一円以下の処理も記憶してくれます。売掛金の処理も候補を選択して、振込手数料などの差額も見つけてくれます。次回からは自動で処理してくれて、ERPパッケージなのでメッセージ機能を駆使して「差額を営業に連絡しますか」と質問しくれて細かい機能もよかったです。貸借対照表で異常残を自動的に見つけてくれて、「処理漏れではないですか?」「確認したほうがいいですよ」とアシストしてくれる。

今までとは逆の発想

通常会計システムは熟練者が入力しやすいように配慮する設計思想が多く、ショートカットキーや数字入力など、全てをキーボードで完結するようなものが多い。このAIを利用した会計システムは逆の発想でキーボードが無くても処理ができるようにしている。エクセルいらずで様々な経営レポートも出してくれて超便利そうでした。

熟練の経理は必要ない?

この会計システムがすごいところは、恐らく1,2週間で経理業務をこなせると思います。経理作業というのは知識はある程度で良くて実際は実務経験がものをいう世界です。簿記2級が取れればいいとはいいますが、即戦力を求めるのであれば資格は目につかずどれだけ実務経験があるのかを確認します。残高のチェックや入金の確認などちょっとしたカンを必要とします。

しかしこの会計システムであれば逆になります。今後はある程度の知識を問い、それ意外は会計システムがアシストすればいいので実務経験は問わず、給与高いので逆に熟練者が必要無くなるかもしれません。

今まで学んだことはビッグデータとして蓄積されAIが分析して処理方法をアシストしてくれます。それは人員が入れ替わっても残り、データは蓄積され、将来的にはほとんど入力が必要なくなり経理はいらず、ちょっとした事務員で事足りていくかもしれません。

AIというものは今後の私達の仕事を奪うと言われていますが本当にありえるかもしれないということを感じました。次回はもう少しAIが人の仕事を奪うことについて書きたいと思います。

コンパイル倒産の理由 しくじり企業

動画 企業

先日アップしました動画のしくじり企業の話しの動画に載せられなかったコンパイルの社風や倒産理由の追記について書きたいと思います。事前に動画を見ていただくことをおすすめします。

f:id:cakari:20170219191853p:plain

 

魅力的な社風

ぷよぷよが絶頂期だった96年春の新卒採用人数は65人で、これは広島県でも当時トップクラスの企業で、お金で苦労は多いが人で苦労したことはないというのを仁井谷社長は語っていたようだ。会社案内送付希望者4,500人、リクルート向けセミナーの参加者数は1,300人と人気はトップクラス。コンパイルのぷよぷよを含めたゲームと社風に惹かれていたようです。平均26~27歳で大部屋で出入りは自由に行っており、社員は自由に意見を出し合うことができたようです。

問題視された人事育成システム「丁稚制度」

コンパイルという会社の特徴として人事育成システム丁稚制度というものがあったようです。様々な形態はあるにしろ丁稚制度というのはたまに見かける制度ですが、ここの丁稚制度はプログラムを書けたりすると1点など、部門毎に設定された点数を重ねていけば一人前と認めてくれるようです。ここまでは合理的ですが、実際は新人に教育はせずに、1年間は雑務のみ。雑務の合間に技術を自分で盗み出すというものでした。規模が小さい中小であれば良くなる可能性はあるが、数十人規模の新卒採用を行う企業で有効になるとは考えにくく、新卒社員の戦力化が遅延した原因になっていたと思われます。さらに新人社員は先輩社員に認められるまで白地にピンクで「丁稚」と書かれたジャージの着用を強制され、通勤時にも着用していたとのことで、今であれば訴訟ものの案件で、結果モチベーションの低下や短期離職率の上昇の原因になったと思われます。

財務担当者はいなかったのか?

動画のコメントで見かけましたが、財務担当者はいなかったのか?という疑問ですが。財務担当役員は存在してました。97年に銀行はコンパイルの拡大戦略を疑問視し始めて融資を引き始めていたが、財務担当者は報告しなかったようです。後のインタビューで財務担当者はこの状況でむしろアクセルを踏んでいるようで、またこの役員は私的に資金を流用していたと仁井谷社長は話しております。一方で元従業員や関係先から無茶な経営や社内にいろいろな問題があり、社員の意見を聞いていなかったというワンマンさという話しも聞きます。

社長・社員の仲は悪かった?

どちらの言葉が正しいのかはわかりませんが、少なくとも意見が割れているところから社長と一部社員とは仲が悪いようです。特にぷよぷよの監督・企画担当のお互いの米光一成は仁井谷社長に対して当時周りにイエスマンしか置かなかったと指摘している。コミュニケーションが不足して意思疎通が出来なかったことが容易に想像ができます。会社の規模が急拡大して管理が行き届かなかったというのはわかりますが、仁井谷正充社長の経営者としての能力が追いついていなかったのが起因すると思います。話しを聞かず、いいづらい雰囲気で報告できなかった可能性も考えられます。

会社の成長というのは数字面での成長も必要だが、それに伴う社員の成長なども重要だと思います。

山一證券最後の社長 野澤正平が背負った罪

動画 企業

先日投稿してた山一證券の動画の補足です。何度か分けようと思いますが、今回は野澤社長や社員のその後について記載したいと思います。

f:id:cakari:20170218161142j:plain

 山一證券社長就任105日目の記者会見

動画でお話しておりますが、野澤社長は2600億円という巨額の簿外債務を就任時は知らず後日知ることになります。就任後わずか104日で、山一證券自主廃業の「社員は悪くありませんから!」と会見しました。

簿外債務が発覚したその次の営業日にはプロジェクトチームを発足させて事態の収拾に走りました。外資との提携、規模縮小や、会社更生法の適用、特融など様々な方向でなんとか会社を存続させる方向を考えました。しかしながら社長業務や危機対応の経験がない野澤社長にとって、この対応は明らかに自身の能力を超える挑戦だったと思います。銀行などからの経営者として有能かつ政府と太いパイプを持っている外部の人間が行うのが一番確実性があると思いました。

特融の経験やコンプライアンス違反の重さを認識できずに、外資との提携を後回しにした結果、全ての道が塞がれた形で自主廃業を選択せざるを得ない状況に追い込まれました。結果論ですが外資との提携をトップ自らスピード勝負で処理すれば違った結果になったのではないでしょうか?しかしながらいろいろな文献を漁れば野澤社長は持てる力の全てを出して対応したのはよくわかります。58歳の体にムチを打って、営業上がりで右も左もわからない社長業をこなそうとしてました。最後の会見の際もほとんど寝ていない状態で記者会見に臨んでいたそうです。

社員から愛された社長

山一證券のOBの間で野澤社長は信頼度は高く愛された社長とのことです。それは誠実さにあると思います。記者会見時に有名な言葉として

 みんな私ら(経営陣)が悪いんであって、社員は悪くありませんから!、どうか社員に応援をしてやってください。優秀な社員がたくさんいます、よろしくお願い申し上げます、私達が悪いんです。社員は悪くございません。

 社員にはどのように説明するのですか?という記者の質問に対しての返答でした。なぜこんな話しになったのかというと、取締役会にて「社員の再就職について協力して、社員を助けて欲しい」と野澤社長から発言した時に、執行役から公の場で言って欲しいと言った。その後の記者会見前の五月女会長から記者会見では「自分の言葉でいいんです、だけど社員の言葉は忘れないでください」とアドバイスをして記者会見が実施された結果です。その誠実で実直な人柄は多くの人が好感を持ちました。

雪印乳業の食中毒事件や牛肉偽装事件で社長は執拗なマスコミの質問に対して「寝てないんだよ」と逆ギレしたり、東芝の事件でも自分には責任はないような発言をしたりと大企業の雇われ社長には責任感がないようことが多いですが、野澤社長は自分たちが悪いとはっきりマスコミの前でいい切りました。

社員のその後の為に全てを捨てる覚悟

野澤社長の記者会見は只のお涙頂戴のものではありません。社員の生活を露頭に迷わさせないようにするため、粉飾決算事件で自身は刑事責任を問いかねられない状況でした。記者会見は金融恐慌、平成の大不況、バブル崩壊、失われた20年、などの様々な負の象徴として経済史に残り、今なお素材のような扱いであり様々な場面で見かけます。ここまで扱われるとは思ってなかったと思いますが、世間に後ろ指を刺されてでも社員を助けたかったとその覚悟を伺えます。

山一證券社員と社長のその後

社員の中には就職できずフリーター生活を行う社員もいるようですが、多くの社員はメリルリンチを中心とした競合の証券会社に就職できたと聞いております。この功績は野澤社長の部分も大きいと思います。

野澤社長自身は山一證券破産宣告後、支店長時代のつてで子会社の会長やIT系の大企業の顧問に就任後、センチュリー証券の社長にも就任し証券業界に戻りました。これは野澤社長の人柄と叩き上げの能力の評価が高いものです。

個人的には上司にした野澤社長は社長ですね!

アラサー転職は紹介会社を使うべき(転職成功体験談)

仕事 雑談

転職のお話で、今回は求人媒体についての話しです。

blog.cakaricho.com

blog.cakaricho.com

媒体の種類

媒体といってもおおよそはいくつかに限られています。

  • 紹介・・・?

まあぶっちゃけ運みたいなものです。知り合いの紹介での転職ですが、これを実現させるためにはコネ、コミュ力、信頼などが必要になります。上手いこといけばよい就職にも繋がりますが悪くも繋がりぶっちゃけわからない、パルプンテ的な要素が含まれます。

  •  ハローワーク・・・×

転職時何度かハローワークでの就職活動に目を向けましたが、あまり良い案件がありませんでした。偏見かもしれませんが無料で利用できるということでタダで人を雇うという考えが基本的にあるせいか条件も未経験OKなど難度の低い求人が多いです。また綺麗な求人も嘘なことが多く、苦情が多い実態が多いことがわかっています。可能な限りハローワークでの求人は避けたほうが無難かと・・・。

  • 求人サイト・・・△

リクナビやマイナビなどのいわゆる求人サイトです。数多くの求人情報があり自分自身で仕事を探すことになります。企業側も一週間数十万円と高額な求人費用を払っており、企業側もそれなりの期待をしておりますがある程度の信頼性があります。

メリットは企業側と直接やり取りすることができ、膨大な情報の中から自分好みの検索条件で探すことができるので特定の業界に挑戦したいなどの時に便利かもしれません。

デメリットは面接調整等が面倒でコミュニケーションが苦手な人にはキツイと思います。また拾える情報は求人サイトの中身だけなので、欲しい情報が拾えない場合もあり実情がわからないことも多いです。落ちたさいに落ちた理由などもわからないため次への対策が打ちにくいなどがあります。

  • 人材紹介会社・・・◯

最後に一番オススメしたい人材紹介会社です。人材紹介会社は基本的に厚生労働大臣の認可を受けて業務を行います。専任のコンサルタントがついて業種や職種を把握して適正を見た上での紹介がきほんとなります。人材紹介会社は非常に様々な種類があり、リクルート系やマイナビ系の紹介会社から中小企業、零細企業まで様々あります。人材紹介会社は資本を必要とせずコネと実力で運営することができるのが理由です。大手の場合は大手企業からベンチャー企業等様々な案件を持っていて優秀なスキル持ちであれば有利です。中小は変わり種の案件や専門領域を有していることが多く、既に業界を決めている人に有利です。

人材会社のメリットとデメリット

人材紹介会社のメリットは専任のコンサルタントがつき、面接・履歴書・予定の調整・交渉などいろんなことをやってくれてぶっちゃけです。転職に集中できます。また希望・キャリア適正などを考慮してマッチした企業を紹介してくれます。実情を把握してくれてることもあり情報面でもメリットがあります。

デメリットは企業側が求人サイトと人材紹介会社を並行して利用していた場合、求人サイトを優先して採用されることもあるようです。理由は紹介料がかかるからです。紹介料は一般相場が年収の30%ですので、500万の想定年収であれば150万もの紹介料を企業側は支払わなければなりません。ただ、それだけに転職のコンサルタントも必死にアピールしてくれます。逆に紹介料欲しさにミスマッチでもゴリ押しで紹介したり、能力が高く年収が高い人物の紹介を優先させる傾向があるようです。

ミスマッチの懸念もありますが、契約で返金規定というのを設定させてることが多く、入社一ヶ月以内で退職の場合は100%返金、三ヶ月以内の場合は50%等です。その為、コンサルタントもマッチングにも気を使ってくれます。運が悪く、新卒のようなコンサルタントが担当になって下手くそなこともありますが、その場合はチェンジも可能なようです。

基本は今までの職務経歴が重要

アラサーの就活はある程度の結果と努力を重ねている必要があります(それなりに頑張れということ)。もっと上の世界になれば結果のみが求められますが、若さと努力である程度の評価をしてくれます。努力もせず結果も出せない人にはもちろん紹介会社も率先して紹介してくれませんので無難に求人サイトやハローワークの求人を探すべきかもしれません。しかし、紹介会社は意外に間口は広かったです。若くても結果があまり出なかった私のような人間でも条件がよく、転職後は残業が減って収入が上がりました! とりあえず転職する際は利用してみることを進めます。

東芝の不正会計問題のまとめ

決算 企業

いつか動画を作ることを視野に入れて東芝の不正会計問題をまとめてみました。

経緯

  • 2015年5月8日東芝が不適切会計処理があるとして2015年3月期の決算公表を延期業績予想を未定、期末配当を無配と発表
  • 同年5月14日に第三者委員会の設置。工場原価の過小見積もり等が理由で500億円規模の修正の可能性ありと公表。
  • 6月25日両国国技館で定時株主総会を実施。決算が締まっておらず株主ブチギレ
  • 7月20日第三者委員会調査報告書の要約版を公表。翌日に東芝が完全版を発表。決算修正額を1518億円第三者委員会が、44億円自主チェックとして認定した。ここで経営トップが無理難題を言ってくるチャレンジという名言が生まれる。この時米国原子力子会社のウェスティングハウスは営業利益は大幅に拡大、減損の必要はなしと回答。
  • 8月31日になって関東財務局に提出するはずだった有価証券報告書の提出ができずに9月7日再延長することを発表とゲームの発売のような感じになった。(本来であれば6月末に提出)
  • 9月7日東芝は有価証券報告書を提出。第三者委員会報告の1500億円にさらなるチャレンジ(利益水増し+減損)が加わり、2248億円利益修正。
  • 9月30日に2度目の株主総会が開かれカオスな状況に。
  • 11月7日決算発表した代表執行役が記者に過去の経営陣に対する訴訟についての質問に対して「広報に聞いて欲しい」と一蹴。
  • 11月12日にウェスティングハウスが1600億円の巨額の減損損失をしていたことが報道される。
  • 12月4日東芝の半導体一部製造関連施設をソニーに売却
  • 12月10日東芝がテレビ生産完全撤退
  • 2016年3月17日東芝の医療機器分野をキャノンに売却
  • 4月24日に室町社長が退任し、後任に綱川社長へ
  • 5月12日決算発表にて事業会社として過去最大の7191億円の営業赤字、東芝として過去最悪の4832億円の最終赤字
  • 同年6月20日監査法人を新日本からあらた監査法人へチェンジ
  • 6月30日東芝は白物家電事業を中国の美的集団に売却
  • 12月27日に日経がウェスティングハウスについて1000億円規模の減損の可能性ありと報道
  • 2017年1月19日にウェスティングハウスが5000億超えの減損の可能性ありと報道
  • 同日にウェスティングハウスが7000億円超えの見方の報道あり
  • 同日に東芝の負債がドラゴンボールの戦闘力みたないスピード感で成長中と話題を呼ぶ
  • 2017年2月14日かねてから噂があったウェスティングハウスについて減損で7125億円計上。最終損益は4999億円と5000億円を切らせずフィニッシュの予定と発表し見事債務超過になった。
  • 同日志賀会長が辞任し執行役へ。(逃げたw)

まとめてみた感想

東芝は不適切会計問題としているが、パソコンの処理の仕方を見た限り悪質であり粉飾ではないかと私は思います。ちなみに両社の違いは不適切は意図的ではなく誤ってやったや、やりきれなかった等である。粉飾・不正会計は故意に利益を多く見せる為の処理です。この東芝の末路はチャレンジと言う名の飽くなき利益追求が産んだ結果と言えるでしょう。そのうちここらへんも詳しく書きたいと思います。

しくじり企業について

今のところ、私が作っている動画のしくじり企業については直近で東芝をアップする予定はありません。理由としてはまだなにか闇がありそうです。あれだけ色々と利益の強要しており、社内にも問題がいたるところにあると思います。作るとしたら上場廃止か倒産か東芝本体が買収されたら動画にしようかと思います。